脱毛エステでジェルなし、ありの違いは?

脱毛エステでジェルなし、ありの違いは?

脱毛エステで使用されている脱毛器は、光脱毛やフラッシュ脱毛などレーザー系の機器が一般的。これらの機器は、一言で言うと毛穴の中にあるムダ毛の元でもある毛根部分を熱によってダメージを与える事でムダ毛が生えて来ないような処置を施します。
レーザーでも光でも、フラッシュでも、エネルギーの周波が異なるだけで、基本的に「熱」で毛根にダメージを与えるという部分では変わりません。

ジェルの役割って?

肌に熱を与える時には、冷却ジェルと呼ばれるジェルを使って肌を可能な限り冷やした状態でレーザー照射するのが一般的ですよね。
ジェルは肌を冷やすという役割をしているだけではなく、肌に水分を与えて火傷しにくい状態に整える役目もしています。

そのため、脱毛前に塗布するジェルの量が少なかったり、ジェルがぬるくて肌の表面が冷えていなかったりすると、火傷を起こしてしまうと言うトラブルのリスクが高くなってしまうので注意が必要です。

ジェルなしの脱毛ってどういうこと?

脱毛エステでは必要不可欠な冷却ジェルですが、最近ではジェルを使わずにアイスノンなどを使って肌を冷やす「ジェルなし脱毛エステ」も増えているようです。
肌が敏感すぎて冷却ジェルでは肌トラブルが起きてしまうという人でも、この方法なら永久脱毛ができますね。

ジェルあり、ジェルなしに関わらず、肌を冷やしてから脱毛を行なうという点は同じです。
どちらの場合にも長所と短所がありますが、使用する脱毛機器が異なるわけではないので、変わらない脱毛効果が期待できます。